スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも

こんなにも間が空いてしまいました。広告出てた・・・。

雑記書いてなかった間に、まぁ色々やってました。
仕事とか仕事とか私事とか。
そうそう私事で恐縮なんですが、初入院とか体験してみたり。一泊二食で。
右胸にシコリがあったもんで、摘出手術受けてきました。
発見から入院、退院、最終検診、まで約二ヵ月と、我ながら我らしくチャキチャキと、スピード展開・終結でした。
乳腺線維腺腫とかいうもので、特に害のあるっつか、悪いものではなかったんですが、結構大きさもあったことなんで(3センチとか、つける前の梅の実くらいとか)、とってしまおうと。
「要らんもんならとった方がいいんでない」の親の談に続き、自分自身も痛いところは更に痛くして治す質なもので、とってもらいました。
あ、何か「痛いところは更に~」って意味通じないな。あれ、「怪我の消毒して、痛いってことはそこに菌やら汚れとかがあるってことだから痛くても痛くなくなるまで徹底的に消毒しまくる」、って意。正しいかどうかは知らないけども。マゾじゃないと思う、局地的に潔癖なんだと。
そんな訳でしたが、元気です。仕事も退院2,3日後からやってます。まぁ、手術しなくても大丈夫と医者には言われてたんで、悲観もなんも無かったんですが。
それより自分としては、初体験の全身麻酔が衝撃だったと言うか、面白かった。あの意識の落ちる瞬間が・・・!
眠いとか感じる間もなく、視力がどんどん無くなっていく感じでした。視野も狭くなっていって。それがほんの2秒足らずに。
小説で書いたり読んだりはしてましたが、意識が落ちるってこんなんなんだな、と。経験が一つ増えました。

自分の場合は悪いものでなかったから良かったんですが、最近は若い人でも乳癌とか胸に関する病気はあるみたいなので、皆様も何か異変とか感付いたりとかあったら、是非病院で検診をば。私は発見二日後に行きました。
因みに、自分は「勘違いだろうな」と思いながら検診受けました。医者にも「何も無いですね」と失笑されるくらいの覚悟で。で、実際行ってみたら「ありますね、3つくらい。大きいのと小さいのと」とのことで。驚きながら「はあ、そうなんですか」、みたいな。他人事のような反応をしてしまった。(笑)
自分でする触診も大事みたいです。要は手で触れば良いのか?
病院での検診は、マンモグラフィーとエコーでした。どっちも当然ながら初。特にマンモは凄かった、あれはどうしても笑ってしまう。胸を縦に横に、挟まれるんだ・・・! 挟まれて平らになって伸びる自分の胸がどうしようもなく笑うしかなかったんだ。
自分がお世話になった病院は乳癌関係に力を注いでいたみたいで、検査技師から医者まで全員女性でした。入院日の回診には男性医者もいたけど、それはそうだわな。
まあ、自分の性格から、技師や医者なら男性でも大して抵抗感じなかっただろうけど、でもやっぱ同性のが気楽ですよね。
傷も、電気メスと生体用ボンド使用と気を使って貰えたらしく、本当に綺麗なもんです。縫合してないから引き攣りも無いし、薄く線が入ってるだけ。これなら暫くしたら確かに消えそうなくらい。
・・・お前は傷痕なんて気にしないだろ、って突っ込みは笑顔で了解。自分でも知ってます(笑)。
年一くらいで検診は行くことになるみたいです。そりゃあな、自分でも、な。まだ小さいのは幾つか残ってるみたいだし。

こんな感じの1、2ヵ月でした。
あ、仕事もしてましたよ。ええ。山を一つ越えました……そして夏がやってき、た。



血液型別性格特性の本、AB来ましたね。まるっと立ち読みしました(お前)。
何か、文章の書き方とか口調自体がABっぽくて面白かった。個人的には結構納得したような。
「去る者追わず、来る者拒まず。でもこのラインまでね」とか。「懐には飛び込まないし飛び込ませない」とか。「精神的に潔癖」「だけど」「・・・・・・」とか(笑)。
全部が全部とは言いませんが。ABだって大勢いるし。皆同じなわけないし。
そして面白がっておきながら、自分は血液型とかに頓着しないし。他の人のとか覚えないし。ABは憶えやすいけど確かに。占いも面白がるだけ。
・・・・・・はい、面白かったです。正直に。はい。(笑)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。