スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内宴だ

ライアーゲームファイナル、迎えてしまいました。
……当日は正午に起床し、その数時間後から丹羽さんとメールで語ってました。携帯着信凄いことになってる。
放映中も叫び続ける。リアルに悶えつつ、携帯でも悶えつつ。
寸劇とかやってくれちゃうしさ丹羽たん……!

感想はまぁ、他所様で沢山されてますし。
直が主人公なんだし、ああいう終わり方でいいんでないかなーとも思います。
狂人は狂人のまま、ってのも一理どころではないと思いますが。
縋ったヨコヤの深い意味の負けであるし、信念の弱さであるし。……あそこで信じないヨコヤも、わざと負けた(信じなかった)ヨコヤってのも見てみたかったけども。
ああでも、後者はドラマのより善人化してしまうけどもな。
ヨコヤが信じてなかったら、秋山は苦しいまんまなんだけども。いやどっちにしろ苦しいんだけども。憎んだまんまっつか。いや憎んでんのも変わらないんだろうけども。
ヨコヤは狂人のままで、秋山はそれでも乗り越える、ってのもアリだと思うんですがね。憎しみは持ったまま、復讐には手を出さないっつう。
まぁ、うん、な。テーマの如何もあるんだろうし。
今後、続編はきっとあるんだろうと考えてます。
そして新キャラではなく秋直らの四回戦派(笑)。
秋直居てこそのLGだと。ゲームがあればいいってもんじゃないですよ。ご/く/せ/んとは違う。……いや、それも初シリーズ派だけども(笑)(だって慎公がいないなんて!)
性格や立場ダブらせても、でもそれでも違うと思う……のだが。
多重次元でゲームは同時開催されてるんじゃなかろうかとも思うので。四回戦とは別に、また新しく始まったり、っていう。
秋山のあの、過去ゲーム参加者のおっさんとの語らいは伏線な気がするんだがなぁ。借金以外の地獄って何だよ。己の信念を覆されるってことか?(ex:ヨコヤ)
レロニラと長谷川の差異の存在も。主催者と起案者、でいいのかな。
……スペシャルか映画、かなぁ。
連ドラでするには、何か新たな軸が要ると思うんですよね。今回で言えば、秋山とマルチ組織の因縁、とか。
LGTを暴く、って謎を主軸に持ってくるかなぁ。それで1クール……うーん。ただゲームをこなすってだけじゃ、物語が上滑りしてしまう気がするし。LGT暴露でも十分と言えば十分か。でもやっぱそこに主人公等の絡みがあった方が深くなるって言うか、盛り上がる気がするんですけども。
ある意味、今回で秋直は出来上がってしまいましたもんな。あ、CPでなく、それぞれの人間性というか。立ち上がって、確立してしまった。秋山も過去と決裂したんだろうし(憎しみはあれども)。
連ドラだったらだったで、すげー嬉しいんですけど本音(笑)。妙なことにならなければ!(笑)
恋愛色は、よっぽど絶妙で無い限り、っつか、中心に据えなくていいです。私個人としては(笑)。
中心に出さず匂わすのも、直接の台詞や行動無くして、上手くやってほしい……(どんなだ)。無理無く、うん。
理想(と言うか、絶妙の表現での展開)はケ/イ/ゾ/クのマヤシバで。あれは凄い。上手過ぎる凄過ぎる。
ああでも、秋直も良い感じで終わりました。最終回中で再会までやってくれるとは……安心した! 離別だと思ってたし、それが自然だと分かってたし、そして離別もしてくれてたから。(なんなんだお前)
これで今後、心置きなく一緒に居る秋直を妄想出来る。
エリーと長谷川父子に関しては、エリーが直を推してたのは彼女自身が信じたいって思いもあったんだろうけど、それより、人は信じられないと言いつつ誰より人を欺き、それでいて欺瞞に執着し大騒ぎする男への当て付けであり復讐であったんだろうと。……思ってたりする。その裏に希望もあったんだろうが。表裏一体。

……ってまた何かぐだぐだ書いてますけど。
私の場合、何にしてもこんな感じ。ね、硬く重くなってしまう。がっちがち。小説がいい例だよ本当。
創作って、身を削ると言うか、自身ネタだって言いますけども。
自分の場合、過去の実体験とか聞いたこととかより、圧倒的に頭の中のことが多い。妄想でなく、考えというかスタンスというか立ち位置というか。価値観、考え方、信念……は格好付けすぎだ。
考察とか、そういうもの。モロだな。
普段からああいう頭の中してんですよ。うわー硬いな我ながら。
こんなだから、本人と創作と雑記とのギャップが凄いって初見で言われるんだ(笑)。

で、何が言いたいかというと。
特にLG二作目は、根底が自分の考察ですので、実際は知りません、ってことです。はい。いや他のもだけども。
次のもそうだな、うん。そんな感じになりそう。
自分に甘いのとかほんわかのとか胸キュン(恥ずかしい)とか、無理だから(笑)。中の秋直だけでなく話の作り自体が殺伐。書いてる人も殺伐。わあ。
……面白いもの大好きですけどね。寧ろ人生面白がって楽しむために頑張ってる費やしてる。


そしてちょっと謝罪。いや、ご覧になってないと思うけども。
昨夜、某様宅の絵チャに参加させて頂いたんですけど、すみません……寝オチしてました……(土下座)。気がついたら 早 朝 五 時 でした。(お前)
その前日がほぼ貫徹で、そのまま出勤でしたからね……ははは。
いや、貫徹のまま出勤てのは、週1くらいでやってるんですけども(…)。流石に厳しかった。
……申し訳ありません、本当。
スポンサーサイト

間に合った


LG更新です。
最終回までに出しておきたいネタ(?)だったから良かった。
間に合わなかったらお蔵入りだったな。


持ち帰り仕事も原稿もほったらかしでLGですが。
あーもう駄目だ、六月も下旬だってのに、原稿まずい。あああああ。
そして仕事がなー、あー。
短期決戦です。
今から朝までと、木曜は宿直なんでその仕事中の夜中と、宿直上けてからの時間で終わらせねば。
まぁどうにかなると踏んでる。
宿直明けはなぁ、夜中に寝れなくてもいいから、早く帰りたい。
って今この時間にでも始めれば進むのにな。


LGって、余りイメージソングみたいなのって無いんですけども。主題歌もないし。
でも秋→直っつか、今回の更新分みたいな内容だったら、あいうちさんの某曲がそれっぽい気がする。Deep Freeze。
ページタイトルでお気付きかもしれない。
人称が「私」だけども。内容内容。



拍手返信
Aさん>>先日は有難うございました! その浅見です(笑)。
うへへ、私もAさんのQED拝見させて頂いてますよ。QED二次って余り見掛けなくて寂しいので、物凄く有り難いです。
こちらこそ期待しております…!

ややややばいって

LG神ドラマだ。


波乱の10話は、ええ、もう、予想はしてたけどもでもやっぱ面白かった。
演技やら演出やら台詞やらもう、わんさか。おうー。
あーやばい。秋直いいなあ秋直。
SPとかありそうだよなあ、四回戦終わらなそうだし(そればっか)。

最終回に心して臨もうと思います。
それまで存分に萌え、でも仕事の書類書かなきゃ。そして原稿も!

あああ秋直、あああああ。(駄目だ)

ををを。


明日(もう今日)は夜勤、はあ宿直。
何事も無く終わるといい……。切実。

宿直明けてから髪を染めに行きたい。
いい加減プリンだ。

続きを読む »

ああもう

LGの事を考え過ぎて胃痛がしてきたとか何事。
自分どんだけ駄目なん。
考える、っつってもネタとは違って。いや妄想もあるけど、どっちかつと考察。
ほらー、本格的に嵌り出すと考察し出す癖が出てきたよ……。
以後、9話までのネタバレや私個人の勝手な展開考察などあります故、嫌な方はスルーで。


一番心配してしまうのはゲーム終了後ですよ。
いや、終了すんのかも今になっては疑問も浮かんできてるんだけど。だって4回戦て、そんな終わらんだろ。SPか? どんとこい。
取り合えず、一先ずゲームが終了したとして。
……原作未完ってことは、ドラマ展開で秋山と神崎をくっつけたりすることは無いと思われるんですよね。ごくせんの慎クミだってそうだった。SPであんな終わり方をした。……例え原作がどうであっても。
なので、無難に、お別れするんだろうなー……とは。
思うんだけども。分かるんだけども。
それが物凄い寂しい。
9話を観終わった時点から、こう、脳内で最終回ラストシーンが勝手に繰り広げられてるんだ。

最後の挨拶をする神崎。秋山は頷くだけ。
先に背中を見せたのは秋山。神崎は暫しその背を見送り、そうして彼女も振り返る。
戻ってきた日常、けれども今までとは確実に何かが違う日常。それに向けて歩き出す。
歩く秋山、その背後には小さくなっていく神崎の後姿。秋山の表情は普段と特に変わらない。ただ、前を見る視線が少し優しい。
アングル切り替わって神崎。やはり背後には去る秋山の後姿。
神崎は笑っている。穏やかで幸せな、清々しい笑顔。
離れて行く二人を真横から捉え、視点は徐々に引いていく。それに従い、二人の姿も小さくなって行く。
いつの間にか二人の姿は町の中に埋もれ、視点は街中の様子からどんどん引き、そして暗転。


……みたいな。
もうすっかり、カメラワークまで脳内で定まって回ってる。止めてくれ。
一番無難で一番有り得そうなパターンかなぁ、とか。思うけども。
でも個人としてはここで二人の付き合いが終わってしまうのは哀しい。恋愛感情だろうが何だろうが。
寧ろ、10話で秋山が神崎に対してあんな台詞を、もしかして芝居だったとしても吐くとして、それなのにそれっきりの付き合いになってしまうのは却って不自然な気もしなくもない。
あんだけ腹割って、本音ぶつけて受け入れた者同士が。
でも、それであっても、特に別れを意識しない「さよなら」は、ありそうで美しそうで……ちょっとオイシイかも、とか思ってしまう自分もいる。
自分のオリジナル創作ならそういう展開大好物だけども……でもLGでそれは寂しい……!!
10話予告や、ドラマサイトのあらすじでも言ってる秋山の暴走ですけど。
秋山の本音3:策略7、って感じでしょうか自分としては。
でも暴走等が策略だったとしても、あの台詞に秋山の本音は多少なり混じってるだろうと。うん。例え八つ当たりであっても、そういう鬱憤っていうか溜まりに溜まったものが捌け口を求めてたんじゃなかろうかと。
受け止めてー、神崎。大丈夫でしょうけど。
ゲームから離脱させたいがために、秋山が神崎を遠ざけたりするのは勿論だけど。元詐欺師だし。
神崎に対して、「元詐欺師、元犯罪者」って壁を向けるってのは、それは手段として秋山は行使するだろうと思う。マルチ潰しが復讐であれ、自分の行いは犯罪だってのも納得してるだろう。褒められないことだって。
でも後悔はしてないんじゃないか、と思う。マルチ潰し。
秋山にとっては必要なことで、で秋山の罪によって漸く罰せられる悪っていう事態が何とも歯痒いけども。
三年塀の中で生活したし、自分に対する罪悪感ってのは無いんじゃなかろうか。
まあでも、その自分に誰かが関って、その過去がその誰かに害成すとすれば、それは了承し難いにはし難いんだろうなぁ、とか。その誰かが、特に好感持ってる相手だったりすると。
……そんなイメージを持ってます。こんな感じで秋山を書いてる。……ってまだ1本だけど。
黒幕と神崎にも関係が、みたいなことをエリーが言ってましたが、それが何なのか物凄い気になる。他の参加者も何か苦労人とか多いしさ。
……事務局が秋山を巻き込むのは計算の内だったとして、それが件の神崎づて、ってのはちょっと事務局甘いんじゃないかとも思ったり。読みが。
結果上手くいったけど、失敗する可能性も高いと思うんだがなー、あれ。
それとも、上手くいくと踏める程に神崎や秋山という人間を知ってるってことなんだろうか。

と、何だかずるずると私の頭は考えてしまってる訳です。あー楽しい。
でもラスト予想はなぁ、どうにかならんもんか。
……そこから先は同人屋の仕事、と言ったらそれまでなんですけども(笑)。いいけどね、妄想するけどね!
長ったらしくて失礼。つか長過ぎて、もう。何か毎度のことだな……どのジャンルでも。


はい、そして拍手返信

ゆうひさん>>何かもうあんなんで済みません精進します精進します。例の件、15日の金曜でOKですよ! 時間など詳しくはまた!

りと姉>>お久! ニューパソおめでとう。都合合うとき遊ぼうや。
そうなんだ、がっつりいってるんだライアーゲーム。もろ私が好きそうだもんなやっぱ。うん好きだよ(笑)。読みやすいよなこっち路線の傾向っていう好みは。

とうとう

手を出してしまったよLG創作。

波乱魅惑の来週を前に、だ。
ああでも、大丈夫だと思う。うん。(何がだ)
寧ろ私はゲーム終了後が心配だ。
ゲーム終わったら、そこでさっぱりお別れ~ってことには……ならない、だろうけど、も。……。
何か、ドラマ終わった後の、二人がまた何かややこしい事態に巻き込まれる話とか書きたいなぁ。
騙し合いゲームとかではなく。
日常での事件と言うか。いや日常に事件なんて転がってないんだけどもさ。
しかしとなると相応の心理戦を設定せねばならぬ訳で。
……無理だろ。
原作者様は凄いな本当。何でこんなの思いつくんだ……。
短編の心情描写もどきは、あと二つは書きたいネタがあります。
秋山視点と豹柄視点。
しかしこのドラマ、脇キャラにも随分濃い設定準備してるんだな……キノコとか泣ける……!

今回書いてて思ったが。
自分で言うが、やっぱガッチガチだな。私の書くものは。
読み手にも中のキャラにも余白が無い感じ。余白っつーか何つーか。
寧ろ書き手にも。……。


素敵企画をお知らせ頂いてて、参加してみたいー! とか意気込んでたのですが。
……参加者結構多いなぁ、大丈夫なのかなこれ主催者様? とか思ってたらば。
案の定、募集終了。
ま、間に合わなかったー……! アホー私のアホー。
夜勤日挟んでたから仕方ないとも思うが……あああ残念。
どうにかして手に入れよう。
……でも夏は行けないんだよなどう考えても。がっつり仕事。
しかも日頃より忙しい感じで無理無理無理。他所の職員まで集まるしな……。
そんな具合に、誕生日もばっちり組み込まれてます仕事にー

LGも書きたいけど原稿もせねばやばいよ……!
それから仕事もやばいよ、持ち帰りがあるよ珍しく……!!


そういやサイト廻りしてて思ったんだけども。
最近って割りと短めの話に、最後にフォント大でタイトル持ってくるのが流行ってるの?
……前から見てた気もするけれども。いや、目に付くなーと。
確かに格好良い形式ですよね。

ひいいいい


やばいやばいやばいやばい。


何事LG9話。



よよよよよよ予告予告よこ予告よこく…………!!!!!
何、あれ。あれ何何あれ何さ。ちょっと秋山おい!
まだ悶えさせるかこんちくしょうめ……!!
結末に繋がるものだとしてもこれめっさ煽られるぞこんちくしょー。

あーあーあーああー。
原作と違ってきましたが、こんなことなら万々歳です。
最後までこのままいって欲しい。
ラストでこけないことを祈る!
もう呪いの域だ、いっそ!!
(まともな感想書けねぇ本当)

おっおっお

がぼー!

暑くなってきて日々の肉体労働が堪えてきてます。浅見です。
体力落ちたなぁ……それでもこの年の女にしては動ける方なんだろうか、仕事柄。
…………そうでもないか。
夏が近付くにつれ、冬の手荒れアカギレが治まったと思ったら、今度は汗胞ですよ。シーズンです。季節モノかよ。

ここ暫くはオリジナルの波を彷徨ってました……現在進行形? ああ楽しかった。
恋愛小説ってある程度なら読むのも好きなんだけども、どうにも書けないのが謎。
恋愛だけじゃ書けない。場も間も持たない。
そういや恋愛小説で教師×生徒モノってもう常套CPだけども、現実ではそんなに無いよなー、とか思ってました。
けど割りと転がってるもんなのな。
我が同学年に居たらしいよ。
しかも在学中とか。
しかも相手の男性教師が……「魚人」って陰ながらあだ名してた教師だなんて……。
しかもそろそろ結婚? 済み? みたいな。
わー……現実は創作を超えるなぁ。……いや超えてはいないか。


そろそろ新刊に取り掛からねばなりませんって時期になりました。腰重過ぎ。
書くのは楽しみです。腰重いけども。
そして今現在、ライアーゲームにもうドキワクハラザワです。(意味不明)(感じとれ)
やべー! 秋山ー! 直ー!!
ドラマのオリキャラであるエリーも何気に好きです。すっげ美人。
豹柄君もね、うん。何か原作より更に良い人っぽくて。
つかフクナガ面白過ぎる。場違いにも爆笑してしまったよ、凄いこの役者さん(笑)。
原作未完のまま、ドラマはどう締めるのか楽しみです。期待してて良い雰囲気なので嬉しい。
微妙に何だかもぞももぞ書きたい気もします。ざわざわします。
でもライアーゲームの対戦は流石に書けないだろこれ……!!! ゲームなんて思いつかねーよ!
なら短編にしとけよって話なんですけど、そこで拘ってしまうのが自分。
ああ、でも、ぼやぼやっとでもいいから書きたい気もする。
……って某さん!! ライアーゲームネタなら反応して頂けると勝手に期待して呼び掛けちゃいます。
私の方こそ読みたいですよ……! てかもう日記の絵が、絵が…!! ヒイいいィィィ悶え…………!!!!!!


こそっと。
某さんの誕生日もスルーしてるけど忘れてはいない。
……ここで書いてみようかとか思ってる。こ こ  で ?


そして何だかんだと書いてみたハッピーバースデー。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。